アコードEURO-R(CL-7)がやってきた。
しかもGTIまでやってきた。
RECOMMEND
Profile
Search this site.
楽天トラベル
全国のホテルや旅館
地域から検索
楽天トラベル
お買い物は楽天市場で
MOBILE
qrcode
Others
出発!
ちょいとした用事(実際はかなりヘビー)で、奈良まで逝ってきます。
家内の実家をでたのが3時30分。約30分走行して、現在17km、目的地まであと350km。

さあ、いくぞ!

| 車つれづれ | 03:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
懐かしく感じる306
JUGEMテーマ:車/バイク

どうしても忘れられない車。
それはプジョー306。

後期型(N5)のスタイル(1.8LDOHC)だったのだが、これは本当にfun to driveだった。
リアのトーション婆さんなんて最高によかった。
くにゃっとする感覚は確かに変だったが、それでもなお接地する感覚なんぞ、ほかのどんな車でも勝てないだろうと思う。

あれは、たしか…

ほんとうに"くぬわゎぁぁ”km/hではしったこと…
そのときの仕様はというと
変更点
ブレーキローターがAPロッキード(デルファイ)のドリルドローター
ブレーキフルードはカストロールDOT5.1
エンジンオイルは今は亡きFETレーシングオイルの15W-50に力太郎ブレンド
プラグはトラストのISO7番のプラチナレーシング(純正は5番・実質的には6番必須だったが)
ホイールを6J-14のATS製(ET15)にして、トレッドを18mm拡大
タイヤはピレリーのP6000、195-60-14でH規格もの。

これで、○石海峡大橋を“くぬわゎぁぁ”で走り抜けた。
ギアは5速、たまに4速
エンジンの回転数は常に5000rpmオーバー
 あっという間に△路島を通過(苦笑)

まあ、考えてみたら、恐ろしいことをやってのけたわけで…
でも、本当にそれほど必死に走ったという感じはしない。
それぐらいすごかった

ポルシェもすごいと思った。
GT-Rもすごいと思った。

GTIもかなりのものだ。

それでも…

プジョーのあの感覚には負けるだろう。

ちゃんと操縦している感覚
適当なヤワさ
それで居て、少しのミスなら何とかカバーしてくれる寛容さ。

もし、お金があれば、何とかもう一度手にしたい車だな、と思う。
| 車つれづれ | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
初降雪
路面まで積もるのは今シーズン初めてです。
2009年製造、今季2シーズン目のコンチネンタルのヴァイキングコンタクト5も、しっかり雪には食いついてくれています。

ピレリーのアイスコントロールもそこそこ食いつく様子で一安心です。

これからが大変です。
| 車つれづれ | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
タイヤについての一考察
いま、アコードのタイヤは
サマー:ピレリー・ドラゴン
ウインター:コンチネンタル・ヴァイキングコンタクト5
 
ゴルフの方はサマー:ミシュラン・プライマシーHP
ウインター:ピレリー・ウインターアイスコントロール

というチョイス。すべて欧州ブランドだ(^_^;)。

 国産タイヤが駄目だと云うつもりはないのだが、好きになれない。アコードの純正装着はBSのポテンザRE050(専用品)だった。一般に販売されている同品番とは異なるのは確かだが、ステアリングレスポンスに欠け、乗り心地もゴツゴツ、しかも、五月蝿い。パンクを繰り返したので、まだ、五分山くらいあったが、変更。よほどRE11とかNEOVAあたりを入れようかとも思ったが、この時はヨコハマアドバン・スポーツV103に変えた。これはそこそこいいタイヤだった。思ったよりロードノイズは静かでしなやかな感じ。ただ、値段も恐ろしく高かった。グリップはドライ・ウェット共に良好で、その気になれば結構攻めてもOK。剛性感も充分だったが、足元がバタつく感じと、ヨコハマの伝統?で磨耗も早かった。

それでも、スリップサインが出るまでウェット性能が著しく低下することはなかったのは良かった。
 
その後、ピレリーに履き替えたが安物タイヤであるものの、かなりバランスがいい。スポーツ系タイヤだが、乗り心地もノイズも気にならなかった。それ以上に、足元が軽くなった印象が強く、コントロールのしやすさが非常に高い。

 コンチネンタルのウインターも昨年の豪雪でも、しっかり使えた。 ミシュランは、ステアリングレスポンスはいいが、ステアリングインフォメーションに欠ける嫌いがあり、あまり好きにはなれないが、タイヤの味付けから云えばバランスが取れている印象。ただ、少し重たい感じがするが…。

ピレリーのウインターはまだ雪が降っていないので何とも云えないが…。

やはり、国産タイヤで、バランスがとれている、言わばオールマイティーな味付けのタイヤは、あまりないのではないか?
例えば、グリップとか乗り心地とか、一つの側面だけを取り上げればそれなりだが、トータルのバランスは、未だに欧州ブランドに負ける気がする。
速度無制限の地域もある訳で、バランスが取れていないと使い物にならないのだろう。
強いて云えば、アドバンスポーツあたりはバランスがとれていた感じがあるが、やはりグリップを喪った後のリカバリーが難しく、ブレークも唐突な印象だった。

まだまだ、国産タイヤには改善の余地が大きくあるように思う。
欧州で純正採用されはじめているのも事実だが、やはりトータルでは、まだまだだと感じた。

あと、路面が荒れた環境でも、極端な挙動変化がないのが良いところだと思う。
| 車つれづれ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コーティング剤は万能か???
JUGEMテーマ:車/バイク

これまであまり使わなかった、お手軽系カーコート剤を使ってみた。
使ったのは、soft99プリズムシールドなるコート剤。

本当はTRIZのほうを試してみたかったのだが、こちらはさすがに高すぎて、手を出せずorz。

で、肝心の仕上がりですが…

新車の方はきれいに仕上がる。GOLF君の方は本当にきれいに仕上がった。納車時に、ワックスがけ(話によれば、シュアラスターのインパクト)がしてあり、かつ、先日コーティングシャンプーで洗車してある。こちらにそのまま、安物カーシャンプー(ホームセンターで199円ナリ)で洗い、その後で施行。
とりあえずぬれたままのボディにスプレーして拭くだけ。
ボンネット1枚で、だいたい15ショットくらいかけて、拭き取るように指示がある。一応そのようにしてみた。同包のクロスを使用。それなりのつやが出る。一通りやった後ところで、一番最初に施行した辺りが乾きはじめるので、もう一度そこに、最初の3割から5割句体の薬液を散布して、再度拭き上げ。

感じとしては、2回施行すれば結構良い艶感が得られるかな、という感じ。

だがしかし、アコードの方ではそうはいかなかった。
たぶん、これまでの水垢やら、ワックスの滓やらが残っているからだろう。拭き取りがものすごく重い感じ。

まあ、それでも仕上がり具合はなかなか。
ただ、問題点は艶の感じは確実にWAXとは異なること。
ガラス、シリコン混合系のコーティングでは、WAXのようなぬめっとした艶やかさはない。

好みの問題かな??

あとは耐久性を確かめてみなければなるまい。

つか、TRIZも試してみたいなぁ。




評価:
価格: ¥1,780
ショップ: ソフト99 e−mono
コメント:新車だったらきれいに仕上がるが…少し古ければ、しっかりとした地味が期からはじめるべし。

| 車つれづれ | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
地デジ
ナビゲーションの地デジ問題が騒がれていますが、そんなに車の中でTVを見る人がいるのかなあ。

まともに運転できないように思うんですが。
| 車つれづれ | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
神戸
__.JPG
恩師の退官記念パーティーで四国へ。
省エネ走行で14km/L

| 車つれづれ | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
持てないかな?
もう、持てないかも。
| 車つれづれ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
大雪
ひどい雪と凍結で、かなりたいへんな目に遭う。コンチネンタルのヴァイキング・コンタクト5は、凍結路面でもなかなかしっかりとしたグリップを示すものの、ブレーキ一発で確実にABS作動だ。
除雪されていても、穴ぼこだらけなのは勘弁してほしい。
ついでに、融雪溶液散布や凍結防止剤散布は、車が錆びる原因になるのみならず、飛沫がフロントスクリーンにかかっただけで、視界が極めて悪くなる。これもやめてほしい。

除雪車って最近見ないなあ。

特雪、というわけじゃないけど。
| 車つれづれ | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
クリスマスの夜に
JUGEMテーマ:車/バイク
クリスマスの夜に大雪?
朝起きたら、吹雪&真っ白。

こんな時には、やはりスタッドレスタイヤの威力が発揮される。
本家blogの方にも書いたが、今日家族で髪を切りに出かけた。

POLOの方は2シーズン目のミシュランX-ICE(XI-2)だが、雪の上でも結構トラクションがかかる。これは雪道では非常に安心感が高い。

そろそろ本格的な雪シーズンかな???

今年は寒い冬になるとかならないとか…


なお、昨日、おとといのオイル交換のおかげか、ものすごくエンジンはスムースにかかりますし、廻ります。これもうれしい。 
| 車つれづれ | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ