アコードEURO-R(CL-7)がやってきた。
しかもGTIまでやってきた。
RECOMMEND
Profile
Search this site.
楽天トラベル
全国のホテルや旅館
地域から検索
楽天トラベル
お買い物は楽天市場で
MOBILE
qrcode
Others
<< スタッドレスタイヤを考える | main | スロットルボディ洗浄&オイル交換 >>
タイヤの軽さ
アコードのセッティングを出すことだけをいつも、頭のなかで考えている。 そのなかで、一番考えてしまうのは、タイヤのことだ。 道具にこだわって、結果がついてこないのは本末転倒だが、気持ちよく、車と身体がシナプス結合するためには、気持ちのよいパーツをいかに集めるかも大切だと思うのですよ。 んで、タイヤ。 OE装着用はポテンザRE050だった。まあ、グリップはしたが、バタバタと足元が落ち着かない印象がひどく強い。 そのあとADVAN-SPORTSにかえたのだが、こちらの方がバランス的にはずいぶん上だった。 何が違うのか考えてみるのだが、1つはしなやかさの問題、もう1つはタイヤの重さではなかったか? ブリジストンのタイヤは概して固く、重い。グリップはするが、重い分、そのあとのお釣りがでかい。慣性を考えれば当たり前なのたが、バネの下も暴れる。それが一番いけない感じがするのだが。
| アコードのこと | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック