アコードEURO-R(CL-7)がやってきた。
しかもGTIまでやってきた。
RECOMMEND
Profile
Search this site.
楽天トラベル
全国のホテルや旅館
地域から検索
楽天トラベル
お買い物は楽天市場で
MOBILE
qrcode
Others
<< 今年も | main | スタッドレス顛末 >>
エンジンオイル添加剤にまつわる一考察
JUGEMテーマ:車/バイク
 
一応、大切に乗っていきたい(これはどの車でも共通だが)ので、GOLFのエンジンオイルには人一倍気を遣ってきた.

これまでのオイル交換の記録を参考までに

        0km VW504/507NNL690G100ml
 1500km  G
ULF GT50(10w-50)NNL690G250ML
 3500km L
iquimory TopTec4100(5w-40)NNL690G 250ML W/OE

 6000km ERG ORIKLON(5w-50)NNL690G 200ML W/OE
 9500km
MOTUL 300V(5w-40)NNL690G200ML
12500km
VW504/507NNL690G200ML W/OE
15500km
MOTUL300V(5w-40)NNL690G300ML W/OE
21000km
MOTUL300V(5w-40)GRP808200ML

VW504/507はディーラーの純正カストロール製(5w-30)だ.
初回は納車前に一度オイル交換を頼んである.
あと純正油を使ったのはメンテナンスパックで5年間で5回オイルとエレメント代が無料になる為,それを利用した.リキモリとERGは純正アプルーバル取得(VW502.00)オイルだ.

300Vは初めて使ったときはダブルエステル時代,最近の2回はエステルコア時代のものだ.

インプレ的には,純正カストロールで15000km無交換はハッキリ言って無理だと言うことだろうか.
アプルーバル油と300Vでは大して変わらん.

さて問題なのが添加剤だ.

GRPという添加剤は昔,プジョーに乗っていたときにはものすごく効果があったと体感している.んで,GOLFにも使いたいんだが高すぎる.というわけで元になったと言われるNNL690を使用.もっとも,エンジン用といわれるNNL690は無灰油には対応しておらず,その場合は本来ギア用のNNL690Gを使うように,と当時の製造元は言っていたのでNNL690Gを使用している.(現在はENGINEMAXX LAという専用品が発売されている)

納車時には100mlだったので,2%弱の使用量だが,二回目からは3%~5%の使用量になっている.初回は慣らしの意味も大きいので仕方がないだろう.てか,もったいなかった(爆)

んで、本当にGRPと差があるのか?

その筋では有名な「車とエンジンオイルの添加剤のページ」ではこんな記載もありました.
確かに層かも知れませんが,せいぜい1万キロで交換してしまうエンジンオイルではオーう゛ぁースペックと思ってしまうのです.特に,新車から使う場合は….

で確かめる為に,直近の2回の交換では久しぶりにGRPを投入しました.一応最新バージョンです.

なお,初めて新300Vを投入した際,不手際でわずかにオイルが足りず,NNL690G300mlとルート産業モリドライブ Kスペシャルを添加しています.GRP投入の際には200mlですが,エレメント交換を行っておらず,そのため200ml添加で止めました.モリドライブは同じく入れました.
まあ,300Vにそこいらの添加剤入れても殆ど効果はないでしょうけどね.

さて,肝心の結果ですが…

添加剤漬けのエンジンには殆ど違いがわかりません.
むしろ,オイル交換をしても殆ど体感がないくらい.

たぶん,300Vの性能もすごいんでしょうけどね.

ただ,GRPもNNLも,普通よりはエンジンオイルの清浄分散性能は上がるようです.

GRPが世代の進んだ,よりエンジン専用の添加剤となっているのでしょうが,使い続けることであれば,少なくとも効果に違いはないと言うことになるのでしょう.

なお,製造元にメールを出しましたが,「NNLも改良が加えられている」,「おそらくGRPと同じメカニズムだ」とだけ返信がありました.ついでに,「エンジンに使用するならNNL690Gでも十分な効果が期待できる.だけどENGINEMAXXLAの方がすごいぞ」とありました.

| Golf GTiのこと | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック