アコードEURO-R(CL-7)がやってきた。
しかもGTIまでやってきた。
RECOMMEND
Profile
Search this site.
楽天トラベル
全国のホテルや旅館
地域から検索
楽天トラベル
お買い物は楽天市場で
MOBILE
qrcode
Others
<< 法定12ヶ月点検 | main | 夏タイヤ >>
久しぶりのオイル交換だが Phase2
JUGEMテーマ:車/バイク
 
というわけで、パワークラスターには満足していた。

一応は。

ただ、やはり3000kmを超えるとがさつになってくる。
4000kmで終わった感じ。

このあたりがmotulと比べて価格もはんぶんな理由かもしれない。

今回は趣向を変えて、リキモリに。
こちらはドイツ本国のweb
とはいうものの、以前使ったTopTec4100ではなく、ファクトリー向けのライトドライビングスペシャルLL(5w-30 ACEA A3/B4 API:SL/CF VW502.00/505.00 BMW:LL01 MB.229.3)を使用。

実は密かに、TopTecよりも高性能バージョンだとかなんとか…
実は単価も高かったりして。

ちなみに今回は7万kmも超えたことだし、フラッシングも行いました。

こちらもリキモリのモータークリーンを使用。

なお、オイルエレメントはPIAAのツインパワー(たまっていたTポイントでゲット)


なお、いつも通りにNNL690Gを添加しています。目分量で4%弱くらいかな?

リキモリのオイルイメージ
評価:
---
¥ 9,876
コメント:エンジン用に使用しています。エンジン音がかなり静かになります。G○Pだと高いので(爆)

| アコードのこと | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック