アコードEURO-R(CL-7)がやってきた。
しかもGTIまでやってきた。
RECOMMEND
Profile
Search this site.
楽天トラベル
全国のホテルや旅館
地域から検索
楽天トラベル
お買い物は楽天市場で
MOBILE
qrcode
Others
<< パワークラスターを試す | main | 新年あけおめことよろ >>
ちょっとびっくり
JUGEMテーマ:車/バイク
なんかGOLFのホーン(クラクションともいう)の音が安っぽい。
我慢できない位に安っぽい。

少し思案のしどころだったが、結局交換することに。

選択はドイツ車ということでボッシュエアーマジェスティックを選択。

エアーホーンって結構あこがれだったりする訳で・・・
ホーン交換って、以前にやったこともあるけれど、エアーホーンは初めての選択。
本当は専用ハーネスがあるんだけど、某ショップのご尽力で?NISMOの推奨品でもあるスカイラインGTR(V-SPEC)用のフュ−エルポンプリレーキットを流用(爆死)。これでならなくなることもあるまい。でも結構パーツ代は安かったので良しとしよう。←本当か?

だが、純正ホーンを外してみてさらにびっくり。
いわゆるカタツムリ型のファンネル付きの電磁ホーンだったのだが、spain製の聞いたこともないメーカーのもので、しかもシングルだった。
ショップの親爺曰くでは「昔はVWのホーンはだいたい高音と低音の2系統あったモンだけどなあ…」とのことで、これってコストダウンでしょうか?

N5初期のプジョー306では、エントリーモデルであった「スタイル」の1.8L時代のものはシングルファンファーレだったが、上級グレードであれば高音低音の2系統になっていた。こちらはFIAMMのホーンだったと思う。その後、1.8Lモデルのカタログ落ち以後はすべて2系統に変更されたと聞いている。

一応、シングルでも用は足すのだが、何となくRを除けば最高グレードのGTIに手抜きみたいに思えるのは…いただけないなあ。

肝心の音は、結構甲高い感じ。それでも好感の持てる印象。思ったよりもタイムラグは少なめ。
| - | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック