アコードEURO-R(CL-7)がやってきた。
しかもGTIまでやってきた。
RECOMMEND
Profile
Search this site.
楽天トラベル
全国のホテルや旅館
地域から検索
楽天トラベル
お買い物は楽天市場で
MOBILE
qrcode
Others
<< ガソリン代スロット | main | 初降雪 >>
タイヤについての一考察
いま、アコードのタイヤは
サマー:ピレリー・ドラゴン
ウインター:コンチネンタル・ヴァイキングコンタクト5
 
ゴルフの方はサマー:ミシュラン・プライマシーHP
ウインター:ピレリー・ウインターアイスコントロール

というチョイス。すべて欧州ブランドだ(^_^;)。

 国産タイヤが駄目だと云うつもりはないのだが、好きになれない。アコードの純正装着はBSのポテンザRE050(専用品)だった。一般に販売されている同品番とは異なるのは確かだが、ステアリングレスポンスに欠け、乗り心地もゴツゴツ、しかも、五月蝿い。パンクを繰り返したので、まだ、五分山くらいあったが、変更。よほどRE11とかNEOVAあたりを入れようかとも思ったが、この時はヨコハマアドバン・スポーツV103に変えた。これはそこそこいいタイヤだった。思ったよりロードノイズは静かでしなやかな感じ。ただ、値段も恐ろしく高かった。グリップはドライ・ウェット共に良好で、その気になれば結構攻めてもOK。剛性感も充分だったが、足元がバタつく感じと、ヨコハマの伝統?で磨耗も早かった。

それでも、スリップサインが出るまでウェット性能が著しく低下することはなかったのは良かった。
 
その後、ピレリーに履き替えたが安物タイヤであるものの、かなりバランスがいい。スポーツ系タイヤだが、乗り心地もノイズも気にならなかった。それ以上に、足元が軽くなった印象が強く、コントロールのしやすさが非常に高い。

 コンチネンタルのウインターも昨年の豪雪でも、しっかり使えた。 ミシュランは、ステアリングレスポンスはいいが、ステアリングインフォメーションに欠ける嫌いがあり、あまり好きにはなれないが、タイヤの味付けから云えばバランスが取れている印象。ただ、少し重たい感じがするが…。

ピレリーのウインターはまだ雪が降っていないので何とも云えないが…。

やはり、国産タイヤで、バランスがとれている、言わばオールマイティーな味付けのタイヤは、あまりないのではないか?
例えば、グリップとか乗り心地とか、一つの側面だけを取り上げればそれなりだが、トータルのバランスは、未だに欧州ブランドに負ける気がする。
速度無制限の地域もある訳で、バランスが取れていないと使い物にならないのだろう。
強いて云えば、アドバンスポーツあたりはバランスがとれていた感じがあるが、やはりグリップを喪った後のリカバリーが難しく、ブレークも唐突な印象だった。

まだまだ、国産タイヤには改善の余地が大きくあるように思う。
欧州で純正採用されはじめているのも事実だが、やはりトータルでは、まだまだだと感じた。

あと、路面が荒れた環境でも、極端な挙動変化がないのが良いところだと思う。
| 車つれづれ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック